ジャカルタを中心にインドネシア生活をお届け

【投資案件】ドリアン栽培

Selamat malam!

 

やまたか
ドリアン栽培に興味を持っていただきありがとうございます
早速、詳細について説明しますね。

内容

今回の話を簡単にまとめると、
  • ドリアンを育てて
  • そのドリアンを売って利益を得る

という投資案件です。

種類

ドリアンの種類は「Durian montong」という品種。

 

中部ジャワ発祥のドリアンで、大きな実で中身も大きいのが特徴です。

「ドリアン界の王様」と言われています。

やまたか
「果物の王様」と呼ばれているドリアンの王様なので「キングオブザキング」ですね笑

場所

僕の田舎である中部ジャワのチラチャップで行います。

ここに今回の栽培で使う自分の土地があるからです。

 

収益

実際の数値で収益を説明します。

※最低限これぐらいになるという計算です。

実が成るまで

1.5mの苗を植えてから、4m程度に育ち最初の実が成るまで最低で3年程かかります。

実の大きさは様々ですが、約3~6kgです。

実際に取れたドリアン。大きい物で6kg以上も。

収穫頻度

最初は一回の収穫で25個程の実がとれ、半年毎に収穫できます。年2回ですね。

実際のドリアンの木。こちらは植えてから5年くらいです。

実際の数値

1kgおよそRp.50,000-で販売した場合(販売価格は変動しますがこちらは目安です)

  • 1本の木から【1年で】

25(実)×3(kg)×50,000(rp)×2(収穫頻度) = Rp.7,500,000

  • 10本の木から【1年で】

Rp.7,500,000×10 = Rp.75,000,000

  • 20本の木から【1年で】

Rp.7,500,000×20 = Rp.150,000,000

 

上記はあくまでも最低限の数値で、年数が経つに連れ「収穫量」も「実の重さ」も増えていきます

販売先

実が成っても売れなかったら意味なくない?
販売先はバッチリ確保しています。
  • ドリアンアイス専門店経営者の従兄弟
  • 苗を販売してくれる事業者
  • マレーシア、シンガポールへのドリアン輸出を扱う貿易業者
これらと既に契約を結んでいます。

今回の募集 ※締め切らせて頂きました※

120本分を募集します

 

今回の土地では150本分のキャパシティーがあり、自分は30本分を行うので残り120本です。

出資金額

  • 1本 = Rp.4,000,000

内訳は主に原料費(苗、肥料、農薬など)、土地賃貸費、人件費などです。

  • 10本=1口とし、最低1口から

あまり大人数で行うと管理が煩雑になるためです。

 

上記は実が成るまでの3年間の費用で計算しています。

これ以外に追加での費用はありません。

 

ただし実が成って得た利益の20%を僕の手数料として頂きます
この20%から毎年かかる費用へ充てますので、追加で頂く事はしません。

条件

  • 3年後以降もインドネシアにいる予定の方

利益をルピアでお渡しするため

  • 利益が出なくても受け入れられる方

いつ実が成り、どれくらいの実が成るかは神のみぞ知る事です。

投資であるため100%確実ではありません。

しかし3年経っても利益が出なかった場合、これ以降の世話にかかる費用は全て僕が負担します。

約束

  • 毎月状況を報告します

木がどういう状態か写真付きで毎月1回報告します。

  • 直接状況を見たい方は大歓迎

費用発生しますが(1日Rp.400,000で考えています)、来たい方は大歓迎です。

宿泊は僕の実家、食事は3食(日本食OK)、出発はジャカルタから車です。

※ジャカルタ以外の方は応相談

募集と開始

  • 募集期間は2019年末まで

枠が埋まり次第打ち切らせて頂きます。

  • 開始は2020年2月より

苗を植えるのが2020年2月で考えています。

苗を発注してから用意されるのが2ヵ月程必要とするため。

 

なぜ募集するのか?

「自分だけで全部やればいいじゃん」と思った方。

はい、仰る通りです。僕だけで150本分やる事も出来ます。

 

ですが今回募集した理由は個人的に下記2つ。

 

  • インドネシアでの日本人仲間が欲しい

僕自身は「喜びや悲しみを分かち合いたい」というモットーがあります。

日本人だけど異国の地インドネシアで一緒に喜び合える、一緒に悲しみや苦しみを分かち合える仲間がいる、これって素晴らしくないですか?

僕はそんな仲間が欲しい。

 

それにこのドリアンから始まって、他に何か一緒にビジネス出来ないかなって夢見ています。

 

  • ドリアンの販売先を広げたい

このドリアン案件、販売先は既にご説明した通りです。

しかし、僕個人としては

やまたか
日本に輸出したい

なので、日本に輸出できる方、もしくはそういう繋がりのある方が見つかる事を期待しています。

 

後は、インドネシアでもこのドリアン案件を皮切りに自分で事業を起こす人が出てきて欲しいです。

例えば「ドリアンジェラート屋さん」「ドリアンケーキ屋さん」等ですね。

自分の木を持つわけですから仕入れ金額(コスト)は圧倒的に低くなりますからね。

 

 


 

いかがでしたか?

長くなってしまい、申し訳ありません。

 

ここで述べた事は全て僕の本音です
やってみたい!という方、直ぐにご連絡ください。
質問ある!という方、大歓迎です。
・下記のお問い合わせページ
・ツイッター
のいずれかでご連絡くださいね。
インドネシアで一緒に苦楽を分かち合える仲間が見つかりますように…
Selamat malam♪

Q & A  ※2019/12/6 追記

いくつかご質問頂いた物を抜粋してお知らせします。

ドリアンは私も大好きです。
非常に興味あるのですが、3年目以降もインドネシアにいる確証が無く…
それでも平気でしょうか?

報酬をルピアでお渡ししたいのが、この条件を設定した理由です。
ルピアでの受取が可能であればインドネシアにいる必要はありません。

「ルピア以外の通貨で受け取ってもいいから、どうしても参加したい」
という事であれば、是非ご相談させてください。

一緒に最善の方法を検討したく思います。

 

インドネシアらしい投資で面白そうだなと思い、問い合わせを送らせて頂きました。

1口(10本)の投資金額が4000万ルピアで、1-2年目は収益なし。
3年目に7500万ルピア(から手数料を引いた額)の利益が得られる見込みということですよね。

3年目以降はどうなりますか。
新たに原料費を出資することで、その後も継続的に利益が得られるのでしょうか。

また出資する場合は、正式な契約書などを交わすのでしょうか。

さて、ドリアン投資の件ですが、下記のご認識でお間違いありません。
「1口(10本)の投資金額が4000万ルピアで、1-2年目は収益なし。
3年目に7500万ルピア(から手数料を引いた額)の利益が得られる見込みということですよね」

【利益】
全体の利益から20%を手数料として頂きますので、
3年目に1口7500万ルピア(手数料を引いて6000万ルピア)、
2口で1億5000万ルピア(手数料を引いて1億2000万ルピア)をお渡しできる見込みです。

尚、利益は全ての木から収穫できた実を合算し販売した利益となります。
平等に利益を分配するため、こちらはご了承ください。
(木によって収穫量が異なるので、木を指定してしまうと利益に差が生じます)

「お店を出したいから実で欲しい」
「自分で販売先がある実で欲しい」という要望にも応えられます。
その際はルピアではなく、実をお渡しします。

【3年目以降】
3年目以降は「全体の利益から頂いた20%の手数料」を使用し、
原料費等に充てます。

実が実らず利益が出なかった場合は、原料費等の費用は私が持ちます。
私個人としてはここにリスクを背負わせて頂きます。

なので、投資頂いた方から追加で費用を頂く事はありません。
初期投資分のみで今後ずっと利益をお渡ししていきます。

尚、以下の場合には利益をお渡しする事が出来なくなります。
・権利を放棄した
・権利を第3者に売却した(利益は第3者へ移ります)
・災害等により、木が無くなってしまった

【契約書】
契約書は書面(印紙を添付)にて正式に交わしていきます。

基本的にインドネシア語での契約書となりますが、
ご希望であれば日本語を併記した契約書を作成していきます。

 

この案件への参加は難しそうですがインドネシアでの収入源を増やしたいです。
やまたかさんと一緒に何か出来る事はありませんか?
大歓迎です、何か一緒に出来たら嬉しいですね。
今度直接お会いして詳しくお話しましょう。
最新情報をチェックしよう!
>