ジャカルタを中心にインドネシア生活をお届け
Transportation

【インドネシア】移動手段って何がある?

Selamat siang!!

 

皆さんはインドネシアでの滞在中、どのように移動していますか?

やまたか
こっちで働いてる日本人は『専属ドライバー付きの車』で移動するのが主流だよ
surprised
友人
え!? 何それ、めっちゃ贅沢じゃん!!! 羨ましい!!!

なんて言われる事がありますが、こちらの日本人にとってはそれが普通なんです。

というのも、インドネシアは交通状態が非常に悪いからです
  • 我先にとばかりに車を進める
  • 頻繁に車線変更をする

このような状態なので、日本人がインドネシアで運転するのは非常に恐いです。そのため、多くの会社では駐在員や家族の運転を禁止しています。

 

友人
それじゃ出張や旅行で来てる人はどうすればいいの?

そこで、「初めてインドネシアへ来る方」「インドネシア歴の浅い方」向けに、インドネシアでのおススメ移動手段についてご紹介します。

タクシー(Taksi)

blue bird

出典:shiftindonesia.com

インドネシアにはいくつかタクシー会社がありますが、上の青色のタクシー「ブルーバード(Blue bird)」が一番安心です。

水色の車体に鳥のマークが目印で、社内に必ずメーターがある事を確認してください。

ブルーバードは他のタクシーより値段がやや高いですが、サービスで評判が良いです。

    初乗り70円程度で日本と比べても圧倒的に安いです

バス(トランスジャカルタ)

trans jakarta

出典:transjakarta.co.id

ジャカルタ都市圏(JABODETABEK)であればトランスジャカルタ(Trans Jakarta)という特別なバスに乗る事が出来ます。

トランスジャカルタには専用レーンがあるので、渋滞なしで移動できるのが良い所。

    定額料金制なので、どこまで乗っても片道Rp2,000~3,500(約20~30円)

配車アプリ ☆おすすめ☆

grab

2019年現在、インドネシアで主流な配車アプリは「グラブ(Grab)」「ゴジェック(GO-JEK)

配車アプリはタクシーと違って、個人が自分の車と時間を利用してサービスを提供しています(C2C)

副業のドライバーもいますが、最近は本業にしている人も増え、全体的に車は綺麗で文句無しです。

 

配車アプリを利用するメリットは以下の通り

  • 乗る前に運賃が分かるので安心(渋滞にハマっても金額が変わらず)
  • ドライバーの態度と質が良い(評価システムがあるため)
  • 普通に安い(タクシーと比べても安い)

 

それでは「グラブ(Grab)」「ゴジェック(GO-JEK)」を紹介していきますね。

グラブ(Grab)

マレーシア発の配車アプリ

インドネシア以外でも東南アジアでの利用率が高く、東南アジア各国に行く機会があればグラブをおススメします。

インドネシアでの支払は現金、クレジットカード、OVO(電子マネー)を利用できます。

ゴジェック(GO-JEK)

インドネシア国産の配車アプリ

グラブより若干金額が安く、料理・マッサージ屋・掃除屋と何でも届けてくれるので、インドネシア以外の東南アジアに行く事があまり無ければゴジェックをおススメします。

インドネシアでの支払は現金、クレジットカード、GO PAY(電子マネー)を利用できます。

 


 

いかがでしたか?

 

今回は日本人にとっておススメの移動手段をご紹介しました。

やまたか
ちなみに僕が出かける時はグラブしか利用してません

 

日本と比べても全然安いし、ピックアップ場所と目的地を設定すれば来てくれるし、事前に値段も分かるし、グラブ以外を利用するなんて考えられないです。

※遠距離を移動する時は、さすがにもっと安い電車とか利用してみます。

 

皆さんも移動手段の参考になれば幸いです。

 

それでは

Sampai jumpa lagi~♪

Transportation
最新情報をチェックしよう!

交通の最新記事8件

>