ジャカルタを中心にインドネシア生活をお届け
sate indonesia

【料理】インドネシアでポピュラーな串焼き ~サテ~

Selamat malam(こんばんは)

 

今日はインドネシアの伝統料理「サテ」についてご紹介したいと思います。

やまたか
僕もサテは大好きでよく食べています、美味しいですよ♪

 

「サテ」は日本で言う「串焼き」の事です。

 

日本の焼き鳥をイメージして頂ければ分かるかと思いますが、日本の焼き鳥と比べると肉は小さめ。インドネシアの至る所で見つける事が出来、露天商から高級レストランまで色んなお店のメニューに載っています。

それぐらいサテはインドネシアの国民食となっています。

安く食べれるので現地の方々にとって大人気ですね。

 

サテは基本的に木の串に肉を刺して、炭火の上に並べてパタパタとウチワを使いながら焼いていきます。煙をモクモクとさせながらサテを焼いている露天商を見かける事が出来ますよ。

 

さてさて(サテの事を話すとこれ言いたくなる~)、そんなサテにも色んな種類があるんです。

 

サテ アヤム(Sate Ayam)

sate ayam

  • 名前:サテ アヤム(Sate Ayam)
  • 肉:鶏肉

インドネシアで一番人気でポピュラーなサテです。インドネシア人が基本的に大好きなのがこれ。

基本的にどこでも食べられます。

コッテリとした甘いピーナッツソース、ロントン(Lontong)と一緒に食べるのが一般的です。

lontong-pulen ←ロントン。米をバナナの葉で包んで蒸し上げた団子。

サテ カンビン(Sate Kambing)

Sate Kambing

  • 名前:サテ カンビン(Sate Kambing)
  • 肉:ヤギ

柔らかめですが、鶏肉より噛み応えがあります。

滋養強壮に効くと言われていて、ローカルの人が元気になりたい時に食べます。これをたくさん食べてると「今夜はきっと楽しめるね」と茶化されます笑

トマト、赤タマネギを混ぜたケチャップと一緒に食べるのが一般的です。

サテ サピ(Sate Sapi)

sate sapi

  • 名前:サテ サピ(Sate Sapi)
  • 肉:

鶏肉よりかは一つ一つの肉が大きく噛み応えがあります。現地の人達は固い割には鶏肉より高いと言います。

それでも鶏肉、ヤギ肉のサテに続いて人気のサテです。

サテ ケラン(Sate Kerang)

sate kerang

  • 名前:サテ ケラン(Sate Kerang)
  • 肉:

こちらのサテはスラバヤ(Surabaya)とメダン(Medan)の都市でとても人気があります。

他のサテとの違いは炭火で焼くことは無く、貝を茹でて串に刺していきます。

低カロリー低脂肪、鉄分等のミネラルやビタミンも豊富で健康志向の人達にも人気です。

サテ クダ(Sate Kuda)

sate kuda

  • 名前:サテ クダ(Sate Kuda)
  • 肉:

牛より固くかなりの噛み応えがあるので、一つ一つしっかりと噛む必要があります。

低コレステロールでスタミナを付け、さらに喘息や糖尿病にも効果があり、インドネシアで人気のサテです。

最近は柔らかい肉も出てきています。

サテ ウラル(Sate Ular)

sate ular

  • 名前:サテ ウラル(Sate Ular)
  • 肉:
やまたか
え?蛇?マジで?
と思うかもしれませんが、本当にあります。コブラを使われているのがほとんとです。
味としては牛ぐらいの噛み応えで、コッテリもアッサリもしてなくて美味しいです。
最初はかなり抵抗があるかもしれませんが、食べてみたら「おっ」となるので是非。
Cobra ←コブラはこの蛇です。

 


 

さてさて(またか)、いかがでしたか。

サテには色々な種類があって、上に紹介したサテ以外にもたくさんあります。

 

やまたか
同じサテでも地域によっては味付けが変わってくるので、色んなところで食べてみると面白いですよ
それでは、Sampai jumpa lagi~♪
sate indonesia
最新情報をチェックしよう!
>